西田雄太郎・ナツコ 様

2014年12月14日挙式

関西学院での挙式を選ばれた理由

学生時代からここで挙式をすることが夢でした。
結婚式をするにあたり、2人の母校ということや共通のサークルにおいてランバス記念礼拝堂で礼拝を行ったことがあり、改めて見学に行きました。
その際、久しぶりに訪れた関西学院の雰囲気を見て、やっぱりここでしたいという思いが溢れ、選ぶ理由となりました。

挙式までの準備で心に残っていること

新郎の予定がつかなかったり、愛知県に住んでいることから、打合せに行くのが大変でした。けれど担当の藤森さんや新郎家族に大いに助けられてなんとか形になっていきました。
当初予定していたキャンドルサービスではなく、一人ひとりに手紙を書いて渡していこうとなったときに腱鞘炎になるかと思うくらい大変でしたが、二人で力を合わせてできた共同作業が思い出深い準備作業となりました。
また、新郎母がウェルカムベアの衣装を手作りしてくださって新婦が着付けを担当し、母との共同作業もできて本当に良かったです。

司式者とのエピソード

お互い所属していた上ヶ原ハビタットでお世話になった打樋先生に真っ先に依頼しました。聖書における結婚観を教えて頂いたり、またお互いの結婚に対する思いを聞いて頂いたり、挙式当日までにより先生と関係を深められたように思います。
挙式当日に初めて出会う方に司式して頂くよりも、本当に信頼することができ、温かい挙式ができたのではないかと思っています。

結婚式当日のエピソード

1秒1秒が本当に大切に感じられる結婚式でした。緊張しながらも、あっという間の時間でした。また、ステンドグラスから差し込む光や、特徴的な大きなパイプオルガン、広々とした木の温かみある空間など、ランバス記念礼拝堂での挙式は特に神秘的で印象に残っています。
招待した方々からも素敵な結婚式だったとのお言葉を頂き、たくさんの方々に囲まれ祝福頂くあの時間こそ一生に一度なんだなと感じました。

これから関西学院で結婚式を挙げられる方へのメッセージ

思い出深いところだからこそ、挙式、写真撮影、披露宴など一つ一つがより印象深いものになります。自然で温かみあるチャペルで挙式ができたことは、一生の誇りにもなると思いますし、プランナーさんを始めスタッフの方々が最大限思い描く結婚式になるよう気遣ってくれます。
ぜひ温かみある関西学院で一生に一度の素敵な思い出を作ってください。

担当プランナーより

ご遠方にお住まいであること、またお仕事がお忙しい中での準備は大変だったと思いますが、お一人おひとりに宛てたお手紙をお書きになるなど、ご参列の方々を大切にされているお二人の結婚式はお集まりの皆様からも笑顔が溢れ、とても心が温まるものでした。
また当日のウェルカムグッズや披露宴で使用するグッズなど、こだわりの手作りグッズはどれも本当に可愛らしく素敵で、ゲストの皆様や、私をはじめ会場のスタッフ皆を楽しませてくれました!いつ見ても仲のいいお二人。これからも温かいご家庭を築いていかれることを心よりお祈り申し上げます。ありがとうございました。
関西学院会館 予約センター 藤森智佳斐