佐々木 諭史・佳愛 様

2014年03月23日挙式

関西学院での挙式を選ばれた理由

新郎新婦ともに関学の出身で、出会った思い出の場所で式を挙げたかったのと、また人とは違う自分たちらしさを出せる式を関学では挙げられると思ったので。

挙式までの準備で心に残っていること

私たちは「不思議の国のアリス」をテーマに披露宴をしたのですが、準備中はアリスの世界観をどうしたらいかに出せるかを日々考えていました。ゲストの方々にもその世界観を楽しんで頂けるよう、ゲスト卓の小物やウェルカムグッズも手作りしたりとこだわりました。大変でしたが、やりがいもあり楽しかったです。

司式者とのエピソード

司式はキリスト教学を教えて下さっていた、栗林先生にお願いしました。 久しぶりにお会いした先生は相変わらず優しくて、なんだか癒されました。事前に思い出の法学部チャペルで歩き方などの練習をさせて頂くこともでき、懐かしさもあり感慨深い気持ちになりました。栗林先生、本当にありがとうございました!

結婚式当日のエピソード

式当日は、朝から披露宴が終わるまですごくあっという間で、流れに身を任せるままにいつの間にか終わってしまったという感じでした。なので最初から最後まで緊張する間もなかったです。ただ、カラードレスが思いのほか重く歩くことに少し苦労し、翌日は筋肉痛でした(笑)(そして翌日は、新郎も何故か腕が筋肉痛だと言っていました。笑)

これから関西学院で結婚式を挙げられる方へのメッセージ

関学での挙式は、ホテルや通常の結婚式場とはまた違う、オンリーワンな雰囲気を作れます。式次第も自分たちで作成したり、手作り感満載な部分も本当に楽しかったです。こんなに綺麗なキャンパスで結婚式が出来るのは関学だけだと思います。関学での挙式でしか味わえない感動を是非!素敵な一日になることをお祈りしています。

本番当日までは何かと忙しいかと思いますが、準備期間を含め後で思い返すと一生の大切な思い出になります。一つ一つの行程を楽しんで進めて頂けたら、と思います。
今後もたくさんのカップルが関学で幸せな式を挙げれますように。