常任指揮者の紹介

 近藤 久敦

1955年東京生まれ。東京音楽大学付属高校、東京芸術大学器楽科(ホルン専攻)を経て、西ドイツ政府給費留学生としてベルリン芸術大学へ2年間留学。

ホルンを故・薗 清隆、千葉 馨、安原 正幸、F.ブラーデル、G.ザイフェルトの諸氏に師事。指揮を堤 俊作氏に師事。1974年、第43回音楽コンクール管楽器部門(ホルン)に19歳で入選。1976年東京芸術大学卒業生代表として、皇居・桃華楽堂に於ける御前演奏会に出演。また、川口市在住の音楽家として演奏活動の功績を認められ、1995年度川口市芸術推奨賞音楽賞を受賞。1991年から1997年3月まで東京コンセルヴァトワール尚美(現尚美ミュージックカレッジ専門学校)において専任講師として教鞭を執った。2012年全日本吹奏楽連盟より長年指揮者賞受賞。

現在は指揮者として、多くのオーケストラや吹奏楽団、オペラ、バレエ、ホルンアンサンブル「つの笛集団」等で精力的に指揮活動を展開しており、他にもレコーディング、吹奏楽クリニック、編曲等を含め幅広い分野で活躍しており、その手腕は高い評価を得ている。  

私共関西学院大学応援団総部吹奏楽部は、2011年度より音楽アドバイザーとして近藤久敦先生にお越しいただいております。ご指導いただき7年目となる本年度からは、近藤久敦先生を当部常任指揮者としてお迎えすることとなりました。演奏会の成功はもちろんのこと、更なる音楽技術の向上を目指し、新たな気持ちで日々前進して参ります。